東三河地域(新城市・豊橋市・豊川市・蒲郡市・田原市・北設楽郡)、愛知県全域、西遠地域(浜松市・湖西市など)の障害年金のご相談は金田事務所へ

障害年金申請

社会保険労務士法人 金田事務所

愛知県新城市字宮ノ西4-16 セントラルプラザ1-B

受付時間:9:00~17:00
(日・祝除く あらかじめご予約いただければ休日でも対応いたします)

初回相談料無料

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

0536-24-3077

対象となる傷病

人工関節・人工骨頭

主な傷病としては次のとおりです。

変形性股関節症 など


人工関節・人工骨頭については障害認定基準で次のように定められています

(ア)一下肢の3大関節1関節以上に人工骨頭または人工関節をそう入置換したものや両下肢の 3大関節中1関節以上にそれぞれ人工骨頭または人工関節をそう入置換したものは3級と認定する。ただし、そう入置換してもなお、一下肢については「一下肢の用を全く廃したもの」程度以上に該当するとき、両下肢については「両下肢の機能に相当程度の障害を残すもの」程度以上に該当するときは、さらに上位等級に認定する。
(イ) 障害の程度を認定する時期は、人工骨頭または人工関節をそう入置換した日(初診日から起算して1 年6月以内の日に限る)とする。

以上の内容をふまえると、以下のとおりとなります。

●障害年金の請求ができるのは、原則として初診日から1年6か月後の「障害認定日」以降であるが、人工関節・人工骨頭をそう入置換した場合は、その日が「障害認定日」となる。
⇒初診日から1年6か月を経過していなくても請求できる。

●等級は原則として3級。
⇒初診日が厚生年金(または、共済組合)に加入期間中であることが必要。
※ただし、両脚に人工関節を入れても、術後の経過が非常に悪く、肢体の運動機能が著しく制限される場合は2級の場合もあるため、国民年金に加入であっても可能性あり。

また、人工関節・人工骨頭を入れた場合、就労状況とは関係ありません。

詳しくはこちらをクリック

注意点

変形股関節症の多くは、先天性の股関節脱臼や臼蓋形成不全が原因です。
そのため、幼少期に股関節脱臼で治療を受けいてると初診日が20歳前とされてしまい、厚生年金での障害年金受給ができない場合があります。(20歳前に初診日があると国民年金での扱いとなり、2級以上に該当しないと障害年金は支給されないためです)。

変形股関節症の初診日の審査は厳しく行われています。
障害年金の請求時には、診断書、病歴就労状況等申立書以外に初診日に関するアンケ-トの提出が求められております。そこで重要なのが、このアンケートです。記載するにあたっては慎重に行うことが必要です。

お電話でのお問合せはこちら

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0536-24-3077

受付時間:9:00~17:00(日祝除く)
あらかじめご予約いただければ休日でもご対応いたします

=留守番電話のメッセージが流れることがありますので、その際はお手数ですがご連絡先をお伝えいただければ、折返しご連絡いたします=

お気軽にご相談ください

0536-24-3077

090-3559-5238

0536-25-7075

info@kanada-sr.jp

メール・FAXのお問合せは
24時間受け付けております。翌営業日内までに返信させていただきます。

社会保険労務士法人
     金田事務所

ごあいさつ

金田 英男

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。