東三河地域(新城市・豊橋市・豊川市・蒲郡市・田原市・北設楽郡)、愛知県全域、西遠地域(浜松市・湖西市など)の障害年金のご相談は金田事務所へ

障害年金申請

社会保険労務士法人 金田事務所

愛知県新城市字宮ノ西4-16 セントラルプラザ1-B

受付時間:9:00~17:00
(日・祝除く あらかじめご予約いただければ休日でも対応いたします)

初回相談料無料

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

0536-24-3077

障害状態確認届の注意点

障害状態確認届の注意点

障害年金を受給していますが、数年に1度、年金機構から診断書を提出しなければならないと聞きました。そのときに注意する点はありますか?

前回に提出した診断書と比べて変わった項目がないか確認することをお勧めします。

一般的に、病気は月日が経過するとその状態も変化するものです。
障害年金は、障害の原因となった傷病によって、1年から5年ごとに診断書を提出することになっています(このことを「有期認定」といいます)。有期認定の場合、主治医の診断書を提出して、障害の状態について確認します。

その際に、主治医が作成した診断書の内容によって、障害等級が変わったり、支給が止まってしまうことがあります。
特に、(障害厚生年金が支給されない)障害等級2級の障害基礎年金を受給していた方が、障害等級3級に下がった場合、障害基礎年金は3級はありませんので、結果として障害年金が受けられなくなることがあり得ます。
 
まず、診断書ができあがったら、前回の診断書と比較することをお勧めします。自分では症状等に変化がないと思っていても、医師が作成する診断書が軽く書かれている場合もあり得ます。
また、転院や主治医の異動等の理由により、以前作成した主治医と違うときは注意が必要です。

診断書の内容に不安がある場合は、是非、当事務所にお気軽にお問い合わせください。

有期認定の年数に関する注意点

有期認定の年数1年から5年は、診断書の提出によって変更されることがあります。
たとえば、1年の有期認定だった方が、2年の有期認定に変更されることがあります。
逆に、2年の有期認定だった方が、1年の有期認定に変更されることもあります。
特に、有期認定の年数の間隔が短くなった場合は、障害等級の認定に今後影響がある(障害等級が下がる)可能性があり得ますので注意が必要です。

お電話でのお問合せはこちら

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0536-24-3077

受付時間:9:00~17:00(日祝除く)
あらかじめご予約いただければ休日でもご対応いたします

=留守番電話のメッセージが流れることがありますので、その際はお手数ですがご連絡先をお伝えいただければ、折返しご連絡いたします=

お気軽にご相談ください

0536-24-3077

090-3559-5238

0536-25-7075

info@kanada-sr.jp

メール・FAXのお問合せは
24時間受け付けております。翌営業日内までに返信させていただきます。

社会保険労務士法人
     金田事務所

ごあいさつ

金田 英男

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。