東三河地域(新城市・豊橋市・豊川市・蒲郡市・田原市・北設楽郡)、愛知県全域、西遠地域(浜松市・湖西市など)の障害年金のご相談は金田事務所へ

障害年金申請

社会保険労務士法人 金田事務所

愛知県新城市字宮ノ西4-16 セントラルプラザ1-B

受付時間:9:00~17:00
(日・祝除く あらかじめご予約いただければ休日でも対応いたします)

初回相談料無料

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

0536-24-3077

肺動脈性肺高血圧症①(心臓(循環器障害)の障害))

事例集・お客様の声

肺動脈性肺高血圧症①(心臓(循環器障害)の障害)

肺動脈性肺高血圧症で障害基礎年金2級に認定された例

ご相談者

女性(60代) 愛知県 S様 
傷病名肺動脈性肺高血圧症
申請結果障害基礎年金2級
支給額年額 780,100円(平成28年度年金額)
初回支払額(約5年遡及) 約3,700,000円

ご相談内容

S様は、50代半ば頃から胸のあたりが息苦しく、動悸、息切れ、体のむくみ、咳が多く出るようになりました。ご自身では更年期障害だと判断していましたが、呼吸が普通にできず、立っていることや、上を向いて寝ることができなくなりました。あまりにも様子がおかしいと思い、かかりつけの医療機関に受診しました。血液検査、胸部レントゲン、心電図の検査を行ったところすべてが異常値で高血圧が認められ、主治医からすぐに精密検査をするようにと総合病院に転院するように勧められました。

転院後の総合病院の主治医から、「肺動脈性肺高血圧」と告げられました。自宅には酸素吸入ができるような装備がなされ、当時に薬物療法による通院治療が行われました。しかし、息切れ、動悸がひどく、簡単な家事も時間をかけてようやくできる程度でご主人様の介助が必要な状態でした。

その後、別の総合病院に転院。飲み薬では改善せず、主治医から「5年の命も保証できない」と言われるほどに悪化したため、主治医の勧めでフローラン手術を実施することになりました。その後も症状は変化がなく、肺水腫、心不全、右心肥大があり、利尿薬等の治療を行っていますが、心不全の症状を頻繁に起こし、現在も入退院を繰り返しています。

日常生活では、長時間の歩行、重い荷物の運搬、階段の昇降、家事の全般についてご主人様の介助がないと生活できない状態です。

「肺動脈性肺高血圧症により、日常生活に支障を来たしておりますが、障害年金は受給できるでしょうか?」とご相談をいただきました。

S様とご相談させていただいた当時は退院した直後だったため、体調を気遣いながらヒヤリングをいたしました。肺動脈性肺高血圧症により心肥大がみられ、他の臓器への圧迫症状がありました。また、動悸や息切れ、胸痛、咳、痰といった自覚症状のほかに、チアノーゼや浮腫、尿量減少等の他覚症状があることが分かりました。病状の内容や日常生活の状態を踏まえ、障害認定基準(動脈疾患)の障害等級2級相当の状態にありました。

肺動脈性肺高血圧症は、心臓から肺に血液を送る血管(肺動脈)の末梢の小動脈の内腔が狭くなって血液が通りにくくなり、肺動脈の血圧(肺動脈圧)が高くなる病気で難病に指定されている病気です。

肺動脈性肺高血圧症は、障害認定基準では心臓の障害として取り扱うこととされており、心臓の障害のうちの「動脈疾患」に該当します。大動脈疾患では、特殊な例を除いて心不全を呈することはなく、また、最近の医学の進歩はあるものの、完全に治癒する病気ではありません。一般的には、障害等級1、2級には該当しませんが、この傷病に関連した合併症(周辺臓器への圧迫症状等)の程度や手術後の後遺症によって、さらに上位等級に認定するとされています。

S様の場合、心肥大により周辺臓器に圧迫症状をおこしており、動悸、息切れ、咳、痰の自覚症状や、チアノーゼ等の他覚症状も見られました。S様が持参していただいた検査結果の内容も異常値が多くありましたので、ポイントを明確に伝えたうえで診断書を作成していただくことができました。さらに、日常生活で支障を来たしていることをもれなく記入いたしました。

手続の結果、障害等級2級の障害基礎年金を受給することができました。また、約5年前の障害認定日までさかのぼって受給することもできました。

ご本人やご家族に喜んでいただき、当事務所として満足のできる結果となりました。

*「事例集・お客様の声」は、ご相談者様の了解を得て掲載しております。

お電話でのお問合せはこちら

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0536-24-3077

受付時間:9:00~17:00(日祝除く)
あらかじめご予約いただければ休日でもご対応いたします

=留守番電話のメッセージが流れることがありますので、その際はお手数ですがご連絡先をお伝えいただければ、折返しご連絡いたします=

お気軽にご相談ください

0536-24-3077

090-3559-5238

0536-25-7075

info@kanada-sr.jp

メール・FAXのお問合せは
24時間受け付けております。翌営業日内までに返信させていただきます。

社会保険労務士法人
     金田事務所

ごあいさつ

金田 英男

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。