東三河地域(新城市・豊橋市・豊川市・蒲郡市・田原市・北設楽郡)、愛知県全域、西遠地域(浜松市・湖西市など)の障害年金のご相談は金田事務所へ

障害年金申請

社会保険労務士法人 金田事務所

愛知県新城市字宮ノ西4-16 セントラルプラザ1-B

受付時間:9:00~17:00
(日・祝除く あらかじめご予約いただければ休日でも対応いたします)

初回相談料無料

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

0536-24-3077

後天性免疫不全症候群(AIDS)(血液・造血器・その他の障害)

事例集・お客様の声

後天性免疫不全症候群(AIDS)
(血液・造血器・その他の障害)

後天性免疫不全症候群で障害厚生年金2級に認定された例

ご相談者

男性(40代) 愛知県 S様 
傷病名後天性免疫不全症候群(AIDS)
申請結果障害厚生年金2級 
支給額年額 約1,220,000円(平成28年度年金額)

ご相談内容

S様は年金事務所にて障害年金の請求手続きをしようとしたのですが、思考力や集中力の低下がひどく、窓口で案内された内容を忘れたり、理解したりすることができませんでした。

当職にご相談いただいたときは、いくつかの病院を転院した後の状態でしたが、後天性免疫不全症候群(AIDS)に罹患していることが分かるまでの経緯をS様が覚えておらず、最初に受診した医療機関がどこなのかも記憶していませんでした。

「自分ひとりでは障害年金の手続きをする自信がありません。最初に受診した医療機関が分からず思い出すことができませんが、障害年金を受給することができますか?」とご相談をいただきました。

後天性免疫不全症候群(HIV)による障害年金は、障害認定基準が個別に定められています(「ヒト免疫不全ウイルス感染症に係る障害認定における留意事項の追加について(通知)」 年管管発131001号 平成23年1月31日)。

体の中の様々な細菌やウイルスから守る機能(免疫)のはたらきを助ける役目のTリンパ球やCD陽性細胞に感染して破壊するウイルスのことをHIVといいます。ヒトの体の中にHIVが増えると、免疫力が低下し、健康な状態ではかからない様々な病気にかかりやすくなります。その病気には、代表的な23個の病気が定められており、それらの1個以上を発症した状態を後天性免疫不全症候群(AIDS)といいます。

障害年金を受給するために必要な要件のひとつに「初診日要件」があります。初診日要件とは、障害となった傷病について初めて医療機関に受診した日のことをいいます。障害年金を請求するうえでは、初診日を証明する書類(「受診状況等証明書」といいます)をその医療機関で発行してもらう必要があります。

そこで、S様に記憶の範囲で思い出していただいたところ、K病院であることが分かり、そのK病院に受診状況等証明書を発行してもらいました。しかし、発行された受診状況等証明書には、「前医からの紹介により当院受診」とあり、S様が覚えているK病院が初診ではありませんでした。また、発行したK病院に対して、前医からの紹介状の開示を求めましたが、書類の紛失と思われる原因からか、見当たらないとの理由で確認することができませんでした。

そこで、S様の近隣の開業医やかかりつけの医療機関に受診していないかを丁寧にお聴き取りした結果、近隣のH病院に受診していたことを思い出していただきました。H病院へS様と同行し、初めて受診した医療機関であることが分かり、無事に受診状況等証明書を発行していただくことができました。

このように、障害年金を請求するうえでは、初診日がいつなのかが重要なポイントになります。初診日が定まらないと障害年金を受給できる確率が低下してしまいます。

S様が最初に受診したH病院の傷病名は、「大腸がんの疑い」でした。その後すぐにK病院を紹介され、紹介後のK病院では、「悪性リンパ腫」。症状が悪化した後、さらに紹介先のT病院で「後天性免疫不全症候群(AIDS)」と診断されました。その後さらにN病院に転院して現在に至ります。

当初とは傷病名が異なりますが、障害年金の診査では正確な診断名が確定した日ではなく、最初の医療機関に受診した日が初診日として取り扱われます。

S様がK病院で診断された悪性リンパ腫は、おおまかにいえば、後天性免疫不全症候群(AIDS)の代表的な23個の病気のうちのひとつにあたります。
S様の検査内容を拝見させていただいたところ、4週以上の間隔をおいた直近の連続する2回の検査値や、身体症状から、障害年金に該当する程度の状態であることが明らかでした。日常生活の支障について取りまとめ、主治医やケースワーカーからのご理解もあって、発病から現在までの一連の流れを踏まえた診断書を主治医に作成していただき、納得のいく診断書となりました。

診断書には、ひとりでは外出できないこと、感染症予防のために人ごみを避けなければならないこと、通院するのに介護タクシーや指定席の電車で移動を余儀なくされていること、下痢がひどく続き介護用おむつを着用していること、生ものの食事制限、てんかん発作など、日常生活に多くの支障を来たしていることを病歴・就労状況等申立書に細かく申し立てしました。

請求の結果、障害等級2級の障害厚生年金を受給することができました。

S様からもお喜びいただき、当事務所として納得のいく結果となりました。

*「事例集・お客様の声」は、ご相談者様の了解を得て掲載しております。

お電話でのお問合せはこちら

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0536-24-3077

受付時間:9:00~17:00(日祝除く)
あらかじめご予約いただければ休日でもご対応いたします

=留守番電話のメッセージが流れることがありますので、その際はお手数ですがご連絡先をお伝えいただければ、折返しご連絡いたします=

お気軽にご相談ください

0536-24-3077

090-3559-5238

0536-25-7075

info@kanada-sr.jp

メール・FAXのお問合せは
24時間受け付けております。翌営業日内までに返信させていただきます。

社会保険労務士法人
     金田事務所

ごあいさつ

金田 英男

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。