東三河地域(新城市・豊橋市・豊川市・蒲郡市・田原市・北設楽郡)、愛知県全域、西遠地域(浜松市・湖西市など)の障害年金のご相談は金田事務所へ

障害年金申請

社会保険労務士法人 金田事務所

愛知県新城市字宮ノ西4-16 セントラルプラザ1-B

受付時間:9:00~17:00
(日・祝除く あらかじめご予約いただければ休日でも対応いたします)

初回相談料無料

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

0536-24-3077

軽度の知的障害(精神遅滞)(精神の障害)

事例集・お客様の声

軽度の知的障害(精神遅滞)(精神の障害)

軽度の知的障害(精神遅滞)で障害基礎年金2級に認定された例

ご相談者

女性(20代) 愛知県 K様 
傷病名精神遅滞(軽度)
申請結果障害基礎年金2級
支給額年額 779,300円(平成29年度年金額)

ご相談内容

K様は、出生後の発育や発語が遅く、保育園の頃は保育士の指導にも意味が分からず、集団行動を取らずに一人グランドで遊んだり、園外へ飛び出したりすることがありました。

小学校は普通学級に就学しましたが、授業と休み時間の区別がつかずに落ち着きがなく、おしゃべりが多く、担任から注意されることが頻繁にありました。小学1年生から授業に着いて行けず、先生が話す内容が理解できませんでした。

中学2年生から特別支援学級に就学するようになりましたが、同級生とのコミュニケーションが取れず、ケンカやトラブルをたびたび起こしていました。中学生の頃に学校からの勧めで療育手帳を申請し、C判定(軽度の知的障害)の結果でした。その後も判定結果に変化はなく、現在もC判定の療育手帳を持っています。

中学校を卒業後、普通科の高校に進学しましたが、授業に着いて行けずに2度の留年を経験しました。その後は特別支援学校に入学することになりました

日頃のK様は、話し方が常に攻撃的であり、そのため誤解を生じてしまい、高校在学時や特別支援学校では同級生とのトラブルが多く、教員や家族以外との会話やコミュニケーションはありませんでした。

K様のご家族から、「療育手帳の判定結果がC判定ですが、障害年金を請求することができるのでしょうか?」とのご相談をいただきました。

知的障害(精神遅滞(以下、省略して「知的障害」という))は、生まれつきの傷病です。知的障害は、障害等認定基準の区分「知的障害」に該当し、障害年金の対象になります。

知的障害は重い順で、最重度の知的障害(IQ20以下)、重度の知的障害(IQ35以下)、中等度の知的障害(IQ36~50)、軽度の知的障害(IQ51以上)に分類されています。

A県では、最重度、重度、中等度の知的障害の方については、精神障害者保健福祉手帳を発行している官公署にて障害年金を請求するための診断書を作成していただけます。
しかし、K様の場合は軽度の知的障害のため、官公署では診断書を作成してもらえませんでした。そこで、近隣の総合病院に事情を説明したところ、主治医の理解もあって作成していただくことになりました。

軽度の知的障害の場合は、障害年金を受給できることが難しいとよく言われます。
しかし、K様の場合、軽度の知的障害であっても度重なるトラブルを起こしており、特別支援学校の先生や近隣住民、行政からの見守りと援助を定期的に受けていらっしゃいました。日常生活での状況を当職から主治医に説明したところ、寛大な理解をしていただいたこともあり、ご本人との診察を経て非常に丁寧な診断書を作成していただきました。
さらに、特別支援学校の先生からも学校での様子をお話しいただく機会を設けてくださり、その内容を「病歴・就労状況等申立書」とともに参考資料として提出することができました。

平成28年9月に「国民年金・厚生年金保険 精神の障害に係る等級判定ガイドライン」(以下、「ガイドライン」という)の運用が始まりました。
このガイドラインは、特に精神障害・知的障害の障害年金の認定について、地域によって支給・不支給の格差があることが判明し、認定に不公平が生じないようにするのが目的です。
今回のK様のように軽度の知的障害の場合であっても、「考慮すべき要素」や「具体的な内容例」がガイドラインに示されています。C判定の療育手帳であるからといって障害年金を受給することができないとはいえません。お客様の病状や状態等を充分にお聴き取りしたうえで障害年金の請求手続を判断すべきではないかと個人的には思います。

手続の結果、障害基礎年金2級が認められ、通常、請求手続から結果が分かるまで3か月半程度かかりますが、わずか2か月あまりの期間でのスピード決定でした。

K様とお会いした頃は、特別支援学校3年生の時でした。高校での留年がありましたので、特別支援学校在学中に20歳を迎えられました。障害基礎年金の支給決定がされるまでに特別支援学校を卒業されましたが、障害基礎年金2級の決定が20歳、卒業のお祝いとしての吉報になりました。
 

K様のご家族やご協力いただいた先生方、行政機関にもお喜びいただき、当事務所として満足のできる結果となりました。

*「事例集・お客様の声」は、ご相談者様の了解を得て掲載しております。

お電話でのお問合せはこちら

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0536-24-3077

受付時間:9:00~17:00(日祝除く)
あらかじめご予約いただければ休日でもご対応いたします

=留守番電話のメッセージが流れることがありますので、その際はお手数ですがご連絡先をお伝えいただければ、折返しご連絡いたします=

お気軽にご相談ください

0536-24-3077

090-3559-5238

0536-25-7075

info@kanada-sr.jp

メール・FAXのお問合せは
24時間受け付けております。翌営業日内までに返信させていただきます。

社会保険労務士法人
     金田事務所

ごあいさつ

金田 英男

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。